泌尿器系がん 診断
2019年10月07日 13:00

腎盂・尿管癌,どの時点で膀胱癌を認めても予後不良?

【本論文に着目した理由】 尿路上皮癌は空間的,時間的に多発する特徴を有するが腎盂・尿管癌を主体として考えた場合,膀胱癌の既往を有するケース,膀胱癌を同時に認めるケース,そして腎尿管全摘除術後に膀胱癌が続発性に生じるケースに分けてみると,それぞれのケースの臨床学的特徴を比較検討した報告は少ない
本研究は本邦のJapan Clinical Oncology Group(JCOG)研究の一つで,1995年から2009年までに非転移性腎盂・尿管癌に対して腎尿管全摘除術が施行された2,668 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

泌尿器系がん 診断

J Urol. 2019 Jun 28:101097JU0000000000000422. [Epub ahead of print]

腎盂・尿管癌の根治的腎尿管全摘除術後の予後に対する,膀胱癌の既往・併存・続発の影響

原題
Impact of Previous, Simultaneous or Subsequent Bladder Cancer on Prognosis after Radical Nephroureterectomy for Upper Urinary Tract Urothelial Carcinoma.
著者
Kuroiwa K, Inokuchi J, Nishiyama H, Kojima T, Kakehi Y, Sugimoto M, Tanigawa T, Fujimoto H, Gotoh M, Masumori N, Ogawa O, Eto M, Ohyama C, Yokomizo A, Matsuyama H, Ichikawa T, Mizusawa J, Eba J, Naito S, JCOG UOSG.
PMID
  31251717

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む