泌尿器系がん 内視鏡
2019年8月19日 13:00

膀胱鏡検査時にリラックスしてもらうための工夫

【本論文に着目した理由】 男性患者に対する膀胱鏡検査,特に硬性鏡を用いた尿道・膀胱内観察は少なからず痛みを伴う侵襲的検査であり,可能な限り患者の負担を軽減する対処法を思案することは重要と考える
本研究はトルコの単一施設で2016年3月より1年間で施行されたランダム化オープンラベル試験で,硬性鏡施行時に音楽を聴く(music群),ストレス解消ボールを握る(stress ball群),ビデオを見る(video群)などの気晴らしをすることで検査時の痛み,不安感,満足感 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

泌尿器系がん 内視鏡

J Endourol. 2018 Nov;32(11):1078-1084

膀胱鏡検査中の疼痛軽減のための3つの気を逸らす方法:疼痛,不安,および満足度に対する効果を評価するランダム化比較試験

原題
Three Distraction Methods for Pain Reduction During Cystoscopy: A Randomized Controlled Trial Evaluating the Effects on Pain, Anxiety, and Satisfaction.
著者
Gezginci E, Iyigun E, Kibar Y, Bedir S
PMID
  30280915

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む