泌尿器系がん 診断
2019年4月22日 13:00

前立腺がん患者における生殖細胞系列変異保有率は約17%

【本論文に着目した理由】 米国において,前立腺がんは男性の中で3番目に多いがん関連死亡に繋がっている.
生殖細胞系列の遺伝子変異は転移しやすい悪性度の高い前立腺がんと関連しており,予後にも影響する.
よって転移性去勢抵抗性前立腺がんのリスクを推測するために遺伝学的検査の必要性が示唆されている.
前立腺がん患者のコホートにおいて,pathogenicとlikely pathogenicの遺伝子変異の検出される割合と,前立腺がんのNCCNガイドラインを満たす人の割 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

泌尿器系がん 診断

JAMA Oncol. 2019 Feb 7. [Epub ahead of print]

前立腺癌における生殖細胞系列変異率および現在の遺伝子検査ガイドラインへの意義

原題
Prevalence of Germline Variants in Prostate Cancer and Implications for Current Genetic Testing Guidelines.
著者
Nicolosi P, Ledet E, Yang S, Michalski S, Freschi B, O'Leary E, Esplin ED, Nussbaum RL, Sartor O
PMID
30730552

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む