泌尿器系がん その他の治療法
2018年12月24日 13:00

CXCR4の核内局在による腎細胞癌の進展

【本論文に着目した理由】 CXCケモカイン受容体4(CXCR4)の核内局在は腎細胞癌の転移病変で極めて高頻度に認められ予後不良因子として有用であることが明らかとなった
核内に共局在するCXCR4と低酸素応答性転写因子HIF1αは互いにポジティブフィードバック機構を形成してCXCR4の転写を促進したりHIF1αの標的遺伝子群の発現を誘導する
【著者および私の見解】 腎細胞癌の原発巣では約6割でCXCR4の核内局在を認める一方で転移性病変ではほぼ全例でCXCR4の核内 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

泌尿器系がん その他の治療法

Oncogene. 2018 Sep 3. [Epub ahead of print]

核内移行したCXCR4とHIF-1αとの間の正のフィードバック機構は腎細胞がんの転移能を促進する

原題
A feed-forward loop between nuclear translocation of CXCR4 and HIF-1α promotes renal cell carcinoma metastasis.
著者
Bao Y, Wang Z, Liu B, Lu X, Xiong Y, Shi J, Li P, Chen J, Zhang Z, Chen M, Wang L, Wu Z
PMID
  30177838
Impact factor
6.85

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む