泌尿器系がん 手術療法
2018年1月09日 13:00

TURBTは腰椎麻酔で再発率低下!?

【本論文に着目した理由】 TURBTの治療成績が術者の技量に左右されることはよく知られているが,麻酔の種類が膀胱癌の予後に影響を与えるかについて検討した報告はほとんどない
本研究は後視的検討であるが,TURBT時の麻酔法の違い (腰椎麻酔 vs 全身麻酔)で筋層非浸潤性膀胱癌の予後比較をしている点は興味深い
【著者および私の見解】 単一施設で筋層非浸潤性膀胱癌231例に対して58%で腰椎麻酔下に,42%で全身麻酔下にTURBTが施行された
膀胱内 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

泌尿器系がん 手術療法

J Urol. 2017 Nov 14. [Epub ahead of print]

脊椎麻酔は筋層非浸潤性膀胱癌切除後の低再発率と関連する

原題
Spinal Anesthesia Is Associated with Lower Recurrence Rates after Resection of Nonmuscle Invasive Bladder Cancer.
著者
Koumpan Y, Jaeger M, Mizubuti GB, Tanzola R, Jain K, Hosier G, Hopman W, Siemens DR
PMID
29154849
Impact factor
3.7

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む