造血器・リンパ腫瘍 がん種不特定、他 その他の治療法
2019年12月16日 13:00

イギリスでの長期に亘る全血献血の間隔を短くする取り組み

【本論文に着目した理由】 血液悪性腫瘍に対する治療時などにも非常に重要な血液製剤は献血により供給されているが,供給不足を避ける為に供給を維持することが重要である
その際にドナーの献血の間隔を短くできればということでイギリスで前向きに長期に亘って検討されておりその結果に着目された
【著者および私の見解】 460mlの全血の献血を8週,10週,12週間隔にランダム化して,その安全性などが検討された
間隔を短くすると結果的に献血された全 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 がん種不特定、他 その他の治療法

Lancet Haematol. 2019 Oct;6(10):e510-e520

全血献血の頻度増加の長期有効性および安全性(INTERVAL):20,757ドナーを対象にしたランダム化試験の延長研究

原題
Longer-term efficiency and safety of increasing the frequency of whole blood donation (INTERVAL): extension study of a randomised trial of 20 757 blood donors.
著者
Kaptoge S, Di Angelantonio E, Moore C, Walker M, Armitage J, Ouwehand WH, Roberts DJ, Danesh J, Thompson SG, INTERVAL Trial Group.
PMID
  31383583

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む