がん種不特定、他 薬物療法
2019年10月21日 13:00

irAEにより免疫チェックポイント阻害薬の投与を中断した後の,re-challengeは可能か?

【本論文に着目した理由】 免疫チェックポイント阻害薬(immune checkpoint inhibitor:ICI)は様々ながんのkey drugである.がん細胞による免疫応答の抑制を阻害して抗腫瘍効果を発揮する薬剤であり,その投与に際しては,免疫関連有害事象(immune-related adverse events:irAE)が問題となる
ASCOとNCCNによるirAEのマネジメントのガイドラインでは,CTCAE Gradeに応じICI休薬やステロイド投与などの治療が提案されている.Grade 3以下のirAEであれば,改善し得た後はIC ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

がん種不特定、他 薬物療法

JAMA Oncol. 2019 Jun 6. [Epub ahead of print]

免疫関連有害事象後の免疫チェックポイント阻害薬の再投与の評価

原題
Evaluation of Readministration of Immune Checkpoint Inhibitors After Immune-Related Adverse Events in Patients With Cancer.
著者
Simonaggio A, Michot JM, Voisin AL, Le Pavec J, Collins M, Lallart A, Cengizalp G, Vozy A, Laparra A, Varga A, Hollebecque A, Champiat S, Marabelle A, Massard C, Lambotte O
PMID
31169866

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む