婦人科がん がん種不特定、他 疫学
2019年9月02日 13:00

米国でのHPV関連がんの動向

【本論文に着目した理由】 日本ではHPVワクチンの接種率は低い.日本でのHPV関連がんの動向も気になるが,米国では報告があった
【著者および私の見解】 米国では2015年に4万3,371例のHPV関連癌の報告があった
上記の報告は全米の97.8%をカバーしている登録を用いている
HPVは子宮頸癌のほかに,外陰癌,腟癌,肛門癌,中咽頭癌などを引き起こす
米国では,HPV関連癌の中で中咽頭癌(扁平上皮癌SCC)が最も頻度が高い
1999年から2015年の間 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

婦人科がん がん種不特定、他 疫学

MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2018 Aug 24;67(33):918-924

ヒトパピローマウイルス関連癌の動向―米国,1999~2015年

原題
Trends in Human Papillomavirus-Associated Cancers - United States, 1999-2015.
著者
Van Dyne EA, Henley SJ, Saraiya M, Thomas CC, Markowitz LE, Benard VB
PMID
  30138307

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む