造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年8月26日 13:00

腫瘍学研究における人口統計を用いた観察研究の位置付け

【本論文に着目した理由】 人口統計を用いた効果比較研究には大きなバイアスがかかる可能性がある
これまでに,このバイアスを減少させ信頼できる結果を得るために何が必要かを客観的に示した研究は存在しない
【著者および私の見解】 MEDLINEを検索して,2000年1月~2016年10月に発表された,がん治療における2つのレジメンの効果を比較した観察研究で,SEER,SEER-Medicare,米国がんデータベースのいずれかを利用した論文を抽出した
論文の質と統計 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 May 10;37(14):1209-1216

がんにおける集団ベースの観察研究とランダム化試験との比較

原題
Comparison of Population-Based Observational Studies With Randomized Trials in Oncology.
著者
Soni PD, Hartman HE, Dess RT, Abugharib A, Allen SG, Feng FY, Zietman AL, Jagsi R, Schipper MJ, Spratt DE
PMID
  30897037

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む