がん種不特定、他 薬物療法
2019年4月22日 13:00

第I相試験や第III相試験の成功確率は?

【本論文に着目した理由】 様々な第I相試験から第III相試験が行われ,承認に至る薬剤はごく一部である.薬剤承認=成功確率を上げるためのバイオマーカーの導入など,様々な試みが行われている.一方で,試験に参加する患者さんの立場からすると,将来的に効果がある=承認される,見込みがどれほどなのか?という情報が試験参加に影響する可能性があると思われ,本論文に着目した.
【著者および私の見解】 癌領域においては,第I相試験の薬剤の3%が承認(=成 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

がん種不特定、他 薬物療法

Biostatistics. 2019 Apr 1;20(2):273-286

臨床試験の成功率と関連パラメータの推定

原題
Estimation of clinical trial success rates and related parameters.
著者
Wong CH, Siah KW, Lo AW
PMID
  29394327

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む