造血器・リンパ腫瘍 がん種不特定、他 その他の治療法
2019年5月13日 13:00

腎移植におけるHTLV1陽性ドナーに伴うリスク

【本論文に着目した理由】 腎移植において移植後にHAM-TSPやATLの発症例が報告されているがまとまった報告はなく,ドナーに関してHTLV-1抗体が陽性か否かを検査もされていない国が多い.今回HTLV-1キャリアの多い日本で腎移植に関して調査研究が行われその結果が重要と考えられた.
【著者および私の見解】 HTLV-1陰性患者がHTLV-1陽性ドナーから移植された場合に10例中4例でHAM-TSPの発症が認められた.それ以外の組み合わせ(HTLV-1陰性患者がHTLV-1陰性ドナーか ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 がん種不特定、他 その他の治療法

N Engl J Med. 2019 Jan 17;380(3):296-298

腎移植におけるヒトT細胞白血病ウイルスI型感染のリスク

原題
Risk of Human T-Cell Leukemia Virus Type 1 Infection in Kidney Transplantation.
著者
Yamauchi J, Yamano Y, Yuzawa K
PMID
  30650320

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む