がん種不特定、他 薬物療法
2019年2月04日 13:00

免疫チェックポイント阻害薬の心血管毒性

【本論文に着目した理由】 免疫チェックポイント阻害薬(ICI)による治療は多くのがん腫において臨床成績を向上し,ICIの併用療法やより早期の段階での使用などが試みられている
ICIには致死的な有害事象(irAEs)を惹起する可能性があり,注意が必要である
本研究は,ICIによる心血管系有害事象についての特徴を明らかにする目的で行われた
【著者および私の見解】 本研究では,個人の安全情報を登録したWHOのVigiBaseを利用して,ICIによる心血管系 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

がん種不特定、他 薬物療法

Lancet Oncol. 2018 Dec;19(12):1579-1589

免疫チェックポイント阻害薬に関連した心血管毒性:後ろ向き観察医薬品安全性監視(pharmacovigilance)研究

原題
Cardiovascular toxicities associated with immune checkpoint inhibitors: an observational, retrospective, pharmacovigilance study.
著者
Salem JE, Manouchehri A, Moey M, Lebrun-Vignes B, Bastarache L, Pariente A, Gobert A, Spano JP, Balko JM, Bonaca MP, Roden DM, Johnson DB, Moslehi JJ
PMID
30442497
Impact factor
25.12

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む