がん種不特定、他 その他の治療法
2019年1月14日 13:00

Shared decision makingに必要な時間はどこから捻出する?

【本論文に着目した理由】 毎年恒例のBMJクリスマス・ユーモア論文特集 Shared decision making(SDM)とは,患者の十分な病状理解と価値観の尊重を前提とした意思決定プロセスのことである
SDMの重要性が繰り返し強調される一方,実地診療での普及が進まない最大の理由は「時間がないこと」とされる
「コアラぐらいヒマそうに見える(論文より)」医師たちには本当にSDMを行う時間がないのか,真面目に(?)検討した貴重な報告である
【著者および私の ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

がん種不特定、他 その他の治療法

BMJ. 2018 Dec 13;363:k4983

やることはたくさんあるのに時間がない:プライマリケアにおける時間管理のマイクロシミュレーション研究

原題
Much to do with nothing: microsimulation study on time management in primary care.
著者
Caverly TJ, Hayward RA, Burke JF
PMID
30545899
Impact factor
17.22

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む