がん種不特定、他 薬物療法
2019年1月14日 13:00

進行性多巣性白質脳症に対する第三者由来のBKウイルス特異的T細胞療法についての報告

【本論文に着目した理由】 進行性多巣性白質脳症(PML)に対する有効な治療法が限られる中,ごく少数例の検討であるが第三者由来のBKウイルス特異的T細胞療法が行われ,有効性を示しており着目された
【著者および私の見解】 3例は背景が様々であるが(1例は臍帯血移植後,1例は骨髄線維症に対してruxolitinibで治療中,1例はAIDS),2例においてはPMLは臨床的にもウイルス学的にも改善が認められた
残りの1例はウイルス量の減少を認めたが,症状の改善には ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

がん種不特定、他 薬物療法

N Engl J Med. 2018 Oct 11;379(15):1443-1451

進行性多層性白質脳症(PML)に対する同種BKウイルス特異的T細胞

原題
Allogeneic BK Virus-Specific T Cells for Progressive Multifocal Leukoencephalopathy.
著者
Muftuoglu M, Olson A, Marin D, Ahmed S, Mulanovich V, Tummala S, Chi TL, Ferrajoli A, Kaur I, Li L, Champlin R, Shpall EJ, Rezvani K
PMID
30304652
Impact factor
51.66

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む