がん種不特定、他 薬物療法
2018年10月15日 13:00

特定の遺伝子異常と免疫チェックポイント阻害剤の効果は関連するか?

【本論文に着目した理由】 免疫チェックポイント阻害剤のバイオマーカー探索・抵抗性機序の解明のために現在も多くの研究が進行中である
PDL1の発現,遺伝子変異数,ウイルス関連癌など,様々な因子が検討されているが,本研究では癌種横断的に特定の遺伝子異常と免疫チェックポイント阻害剤の効果の関連を検討している
【著者および私の見解】 悪性黒色腫・肺癌・膀胱癌・頭頸部癌を中心とした249例が解析された(癌種から想像されるようにマイクロサテラ ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

がん種不特定、他 薬物療法

Nat Genet. 2018 Sep;50(9):1271-1281

マイクロサテライト安定性固形がんにおける免疫チェックポイント阻害薬に対する反応性のゲノム相関

原題
Genomic correlates of response to immune checkpoint blockade in microsatellite-stable solid tumors.
著者
Miao D, Margolis CA, Vokes NI, Liu D, Taylor-Weiner A, Wankowicz SM, Adeegbe D, Keliher D, Schilling B, Tracy A, Manos M, Chau NG, Hanna GJ, Polak P, Rodig SJ, Signoretti S, Sholl LM, Engelman JA, Getz G, Jänne PA, Haddad RI, Choueiri TK, Barbie DA, Haq R, Awad MM, Schadendorf D, Hodi FS, Bellmunt J, Wong KK, Hammerman P, Van Allen EM
PMID
30150660
Impact factor
35.21

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む