肺がん 薬物療法
2019年9月30日 13:00

放射線照射はPembrolizumabの効果を増強するか?無作為化比較第2相試験

【本論文に着目した理由】 前臨床モデルでは放射線照射による腫瘍からのHMGB1等いわゆるDAMPS(Damage Associated Molecular Patterns)放出の増加,抗原提示の増強,腫瘍周辺へのT細胞浸潤の増強など様々な機序による抗腫瘍免疫の増強が示されている
しかし,実臨床において放射線照射が免疫チェックポイント阻害剤の効果増強をするかは明らかでない
本報告は,定位照射(SRT)がPembrolizumabの効果を増強する可能性について初めて無作為化比較を行った試験であり ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

JAMA Oncol. 2019 Jul 11. [Epub ahead of print]

進行性非小細胞肺癌患者における,体幹部定位放射線治療後ペムブロリズマブとペムブロリズマブ単独の抗腫瘍効果:PEMBRO-RT第II相ランダム化臨床試験の結果

原題
Effect of Pembrolizumab After Stereotactic Body Radiotherapy vs Pembrolizumab Alone on Tumor Response in Patients With Advanced Non-Small Cell Lung Cancer: Results of the PEMBRO-RT Phase 2 Randomized Clinical Trial.
著者
Theelen WSME, Peulen HMU, Lalezari F, van der Noort V, de Vries JF, Aerts JGJV, Dumoulin DW, Bahce I, Niemeijer AN, de Langen AJ, Monkhorst K, Baas P
PMID
  31294749

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む