肺がん 薬物療法
2019年9月23日 13:00

ステロイドは免疫チェックポイント阻害剤の効果を本当に減弱するか?

【本論文に着目した理由】 2018年にKC.Arbourらが免疫チェックポイント阻害剤(ICI)開始時にステロイド(PSL換算 10mg/day)を使用している症例群では,使用していない群よりも奏功率,PFS,OSいずれも短いことを報告(KC.Arcour,et al.J Clin Oncol,2018)して以降,ステロイドがICIの効果を減弱する可能性が考えられている
しかし,これらは2施設での後ろ向き検討に過ぎず,本当にステロイドが効果を減弱するか異論がある
本報告は,がんの症状が増悪した症例で ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 Aug 1;37(22):1927-1934

緩和目的または非緩和目的でベースラインのコルチコステロイドを投与されている非小細胞肺癌患者に対する免疫チェックポイント阻害薬の転帰

原題
Immune Checkpoint Inhibitor Outcomes for Patients With Non-Small-Cell Lung Cancer Receiving Baseline Corticosteroids for Palliative Versus Nonpalliative Indications.
著者
Ricciuti B, Dahlberg SE, Adeni A, Sholl LM, Nishino M, Awad MM
PMID
  31206316

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む