肺がん 診断
2019年9月23日 13:00

気管支鏡検体はNGS検査に適切なのか?

【本論文に着目した理由】 Next generation sequencing(NGS)が臨床で使用できるようになりより身近になった
腫瘍の背景遺伝子を網羅的に検査できる一方で,気管支鏡生検(TBB/TBNA)やCTガイド下針生検などで得られる微小検体がNGS検査に適切な検体であるかは明確ではない
【著者および私の見解】 2017年4月から2018年3月までに107個の腫瘍検体に対してNGSによる検査を行った,使用しているパネルはMSK-IMPACTを元に東大のエキスパートパネルのデータを追 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 診断

Cancer Sci. 2019 Aug;110(8):2652-2657

少量の肺腫瘍検体は,高品質なターゲット次世代シーケンシングで利用可能である

原題
Small lung tumor biopsy samples are feasible for high quality targeted next generation sequencing.
著者
Kage H, Kohsaka S, Shinozaki-Ushiku A, Hiraishi Y, Sato J, Nagayama K, Ushiku T, Takai D, Nakajima J, Miyagawa K, Aburatani H, Mano H, Nagase T
PMID
  31222846

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む