がん種不特定、他 その他の治療法
2019年8月05日 13:00

固形がんにおけるNRG1の融合遺伝子

【本論文に着目した理由】 固形がんにおけるNRG1の融合遺伝子は少ないが,治療の標的となる可能性を持っているドライバー遺伝子である
しかし,具体的な頻度や融合する遺伝子についての情報はほとんどない
そこで,NRG1の融合遺伝子頻度とパートナー遺伝子についてがん種を問わず解析した
【著者および私の見解】 2015年から2018年にかけて21,858検体の解析を後方視的に行った結果,41例(0.2%)においてNRG1の融合遺伝子が確認された
がん種の ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

がん種不特定、他 その他の治療法

Clin Cancer Res. 2019 Apr 15. [Epub ahead of print]

固形がんにおけるNRG1の融合遺伝子の同定

原題
Detection of NRG1 Gene Fusions in Solid Tumors.
著者
Jonna S, Feldman RA, Swensen J, Gatalica Z, Korn WM, Borghaei H, Ma PC, Nieva JJ, Spira AI, Vanderwalde AM, Wozniak AJ, Kim ES, Liu SV
PMID
  30988082

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む