肺がん 薬物療法
2019年7月22日 13:00

EGFR遺伝子変異陽性NSCLCへのICIの効果はEGFR遺伝子変異のサブタイプによっても異なる

【本論文に着目した理由】 一般的にEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対する免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の効果は低いとされているが,いくつかの臨床試験(ATLANTIC試験やIMpower150試験)では,EGFR陽性NSCLCに対するICIの効果を示唆する結果も出ている
しかし,EGFR遺伝子変異には複数の変異サブタイプがあることから,変異のサブタイプによってICIの奏効に関与している可能性が考えられた
本研究では,複数の施設においてICIで治療されたEGFR遺 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

Ann Oncol. 2019 May 14. [Epub ahead of print]

非小細胞性肺がんのEGFR変異陽性サブタイプと免疫チェックポイント阻害薬に対する反応

原題
EGFR mutation subtypes and response to immune checkpoint blockade treatment in non-small cell lung cancer.
著者
Hastings K, Yu H, Wei W, Sanchez-Vega F, DeVeaux M, Choi J, Rizvi H, Lisberg A, Truini A, Lydon CA, Liu Z, Henick BS, Wurtz A, Cai G, Plodkowski AJ, Long NM, Halpenny DF, Killam J, Oliva I, Schultz N, Riely GJ, Arcila ME, Ladanyi M, Zelterman D, Herbst RS, Goldberg SB, Awad MM, Garon EB, Gettinger S, Hellmann MD, Politi K
PMID
  31086949

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む