肺がん 消化器系がん 乳がん 緩和ケア
2019年7月01日 13:00

高齢がんサバイバーのオピオイド使用の傾向

【本論文に着目した理由】 がんサバイバーはオピオイド関連の害を受ける潜在的なリスクがあると考えられている
しかしながら,がんサバイバーががんと診断されてからの経時的なオピオイド使用の傾向については知られていない
本論文は,米国のSEER登録データベースを用いて,大腸がん,肺がん,乳がんサバイバーのオピオイド使用の傾向について解析した研究である
【著者および私の見解】 2008年~2013年までに長期オピオイド投与(90日以上)を行った ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 消化器系がん 乳がん 緩和ケア

J Clin Oncol. 2019 Apr 20;37(12):1001-1011

高齢の大腸,肺,乳がんサバイバーにおけるオピオイド使用の傾向

原題
Trends in Opioid Use Among Older Survivors of Colorectal, Lung, and Breast Cancers.
著者
Salz T, Lavery JA, Lipitz-Snyderman AN, Boudreau DM, Moryl N, Gillespie EF, Korenstein D
PMID
  30817249

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む