肺がん 薬物療法
2019年3月11日 13:00

非小細胞肺癌治療におけるnab-paclitaxelへのDNAメチル化阻害薬の上乗せ効果

【本論文に着目した理由】 本研究は,進行非扁平上皮・非小細胞肺癌に対する,nab-paclitaxelおよびnab-paclitaxel+CC-486(5-azacytidineの内服用製剤)の効果と安全性について比較評価したものである
【著者および私の見解】 症例は,nab-パクリタキセル100mg/m2をDay 8,15投与+CC-486 200mg/dayをDay1~14まで投与する群(併用群)とパクリタキセルのみを同様のスケジュールで投与する群(単剤群)(いずれも1コースは21日)に割り付けられた
観察期 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

Cancer. 2018 Dec 15;124(24):4667-4675

ABOUND.2L+試験:進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)における二次治療としてのCC-486の有無によるナノ粒子アルブミン結合パクリタキセルのランダム化第II相試験

原題
ABOUND.2L+: A randomized phase 2 study of nanoparticle albumin-bound paclitaxel with or without CC-486 as second-line treatment for advanced nonsquamous non-small cell lung cancer (NSCLC).
著者
Morgensztern D, Cobo M, Ponce Aix S, Postmus PE, Lewanski CR, Bennouna J, Fischer JR, Juan-Vidal O, Stewart DJ, Fasola G, Ardizzoni A, Bhore R, Wolfsteiner M, Talbot DC, Jin Ong T, Govindan R, On Behalf Of The Abound L Investigators
PMID
  30383906

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む