肺がん がん種不特定、他 薬物療法
2019年2月04日 13:00

ウイルス性肝炎/HIV感染症併存例,臓器移植後例における免疫チェックポイント阻害剤は安全か?

【本論文に着目した理由】 PD-1/L1阻害剤の臨床試験のほとんどでB型肝炎ウイルス(HBV)/C型肝炎ウイルス(HCV)感染症,HIV感染症,臓器移植症例は除外されており,このような症例に対する安全性・有効性は明らかでない
実臨床においてこのような症例は散見され,本報告の臨床的意義は少なくないと考える
本報告では75%が悪性黒色腫ではあるが,特に安全性においては,臓器を越えた情報共有が重要と思われる
【著者および私の見解】 2014年7月から20 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん がん種不特定、他 薬物療法

Eur J Cancer. 2018 Nov;104:137-144

臓器移植,HIVまたはB/C型肝炎感染患者における抗PD-1/PD-L1免疫療法

原題
Anti-PD-1/PD-L1 immunotherapy in patients with solid organ transplant, HIV or hepatitis B/C infection.
著者
Tio M, Rai R, Ezeoke OM, McQuade JL, Zimmer L, Khoo C, Park JJ, Spain L, Turajlic S, Ardolino L, Yip D, Goldinger SM, Cohen JV, Millward M, Atkinson V, Kane AY, Ascierto PA, Garbe C, Gutzmer R, Johnson DB, Rizvi HA, Joshua AM, Hellmann MD, Long GV, Menzies AM
PMID
30347289
Impact factor
5.06

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む