肺がん 薬物療法
2019年1月07日 13:00

Pseudoprogression(偽進行)の実際 ニボルマブ単剤投与における多施設後方視試験

【本論文に着目した理由】 抗PD-1/PD-L1抗体では,一時的に腫瘍が増大しPDとなった後に縮小する,いわゆるPseudoprogressionを示す症例の存在が知られている
しかし,これまでこのPseudoprogressionの実際についての情報は多くない
本研究は本邦においてニボルマブを投与された542例を対象に,後ろ向きにPseudoprogressionについて探索しその頻度や臨床的意義を解析しており,臨床的価値が高いと考えた
【著者および私の見解】 613例がニボルマブの投 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

J Thorac Oncol. 2018 Nov 20. [Epub ahead of print]

ニボルマブ単剤投与を受けた治療歴のある非小細胞肺癌患者におけるpseudoprogression(偽進行):多施設後方視コホート研究

原題
Pseudoprogression in Previously Treated Patients with Non-Small Cell Lung Cancer Who Received Nivolumab Monotherapy.
著者
Fujimoto D, Yoshioka H, Kataoka Y, Morimoto T, Hata T, Kim YH, Tomii K, Ishida T, Hirabayashi M, Hara S, Ishitoko M, Fukuda Y, Hwang MH, Sakai N, Fukui M, Nakaji H, Morita M, Mio T, Yasuda T, Sugita T, Hirai T
PMID
30468872
Impact factor
4.47

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む