肺がん 薬物療法
2018年10月15日 13:00

HER2遺伝子変異陽性肺癌の攻略の一手になるか

【本論文に着目した理由】 乳癌の領域でよく知られるHER2の異常は,肺癌においても蛋白過剰発現と遺伝子増幅が5~20%程度存在する.一方でHER2遺伝子変異は約2%程度しか存在せず,過剰発現や増幅との相関はない
HER2遺伝子変異陽性肺癌に対し,トラスツズマブ(ハーセプチン),ダコミチニブ,アファチニブ(ジオトリフ),ネラチニブの効果が検討されたがいずれも有意な結果を出せなかった
T-DM1としても知られるトラスツズマブエムタンシン(カドサイラ)は,ト ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

J Clin Oncol. 2018 Aug 20;36(24):2532-2537

HER2遺伝子変異陽性肺癌に対するトラスツズマブエムタンシン:バスケット第II相試験の結果

原題
Ado-Trastuzumab Emtansine for Patients With HER2-Mutant Lung Cancers: Results From a Phase II Basket Trial.
著者
Li BT, Shen R, Buonocore D, Olah ZT, Ni A, Ginsberg MS, Ulaner GA, Offin M, Feldman D, Hembrough T, Cecchi F, Schwartz S, Pavlakis N, Clarke S, Won HH, Brzostowski EB, Riely GJ, Solit DB, Hyman DM, Drilon A, Rudin CM, Berger MF, Baselga J, Scaltriti M, Arcila ME, Kris MG
PMID
29989854
Impact factor
18.04

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む