肺がん 薬物療法
2018年10月08日 13:00

実臨床におけるcfDNA測定について

【本論文に着目した理由】 次世代シークエンサー(NGS)による肺癌の遺伝子解析は既に実用化されており,近々実臨床で保険収載される予定である
血漿中に存在する腫瘍由来のDNA断片(cfDNA)を検知し診断する技術は,liquid biopsyとして既にEGFR遺伝子やその耐性遺伝子(T790M)の検索で使用されている.しかし,複数のDriver oncogeneやがん抑制遺伝子を並行して網羅的に解析するNGSを使用した検査の臨床における評価は,小規模な報告がほとんどでありまだ評価は十分で ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

J Thorac Oncol. 2018 Aug 16. [Epub ahead of print]

進行肺癌における血中循環セルフリーDNAの網羅的なゲノム検査による臨床的影響

原題
The Clinical Impact of Comprehensive Genomic Testing of Circulating Cell-Free DNA in Advanced Lung Cancer.
著者
Laufer-Geva S, Rozenblum AB, Twito T, Grinberg R, Dvir A, Soussan-Gutman L, Ilouze M, Roisman LC, Dudnik E, Zer A, Rotem O, Lanman RB, Peled N
PMID
30121392
Impact factor
4.47

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む