肺がん 薬物療法
2018年9月17日 13:00

免疫チェックポイント阻害剤の術前投与は有望か?

【本論文に着目した理由】 切除可能非小細胞肺がん(NSCLC)は手術および術後補助化学療法が標準治療であるものの,再発例も多く治療成績はいまだ十分とは言えない
免疫チェックポイント阻害剤を周術期に投与することで治療成績が改善することが期待されているが,術前に投与した検討は少ない
本試験は,切除可能NSCLCに対するニボルマブの術前投与の忍容性・安全性を検討した探索的研究であり,未治療患者に免疫チェックポイント阻害剤を投与した場合に,腫瘍や体内 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん 薬物療法

N Engl J Med. 2018 Aug 30;379(9):e14

切除可能肺癌に対するPD-1阻害による術前補助療法

原題
Neoadjuvant PD-1 Blockade in Resectable Lung Cancer.
著者
No authors listed
Impact factor
51.66

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む