肺がん その他の治療法
2018年8月27日 13:00

化学療法中の間質性肺炎増悪リスク,どう評価する?

【本論文に着目した理由】 間質性肺炎は肺がんのリスク因子であるが,一般の治験・臨床試験においては除外基準として設けられている
実臨床での間質性肺炎合併肺がん患者の治療は,治療薬の制限のみならず常に治療中の間質性肺炎急性増悪(ILD-AE)のリスクが伴う
本研究は,間質性肺炎合併非小細胞肺がん患者のILD-AEリスクと予後予測をスコアリング(ILD-NSCLC-GAP index scoring and staging system)で評価可能か検証した後ろ向き研究である
【著者お ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

肺がん その他の治療法

Lung Cancer. 2018 Jul;121:48-53

間質性肺炎合併非小細胞肺癌に対するILD-NSCLC-GAP index scoring and staging system

原題
ILD-NSCLC-GAP index scoring and staging system for patients with non-small cell lung cancer and interstitial lung disease.
著者
Kobayashi H, Naito T, Omae K, Omori S, Nakashima K, Wakuda K, Ono A, Kenmotsu H, Murakami H, Endo M, Takahashi T
PMID
29858026
Impact factor
3.39

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む