造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年12月30日 13:00

再発・難治性の多発性骨髄腫におけるdaratuzumabの皮下注に関する検討

【本論文に着目した理由】 多発性骨髄腫においてはdaratuzumabは非常に重要な薬剤の一つであるが,静注であると外来化学療法室における負担など様々な問題が生じる
今回は皮下注でのdaratuzumabの投与に関しての検討が報告されており着目された
【著者および私の見解】 1,200mgと1,800mgの2つの用量で検討され,1,800mgの方でPK的にもIVと同等の結果が得られている
単剤ということで奏効率はそこまで高くないが,既報と遜色ない結果であった
毒性 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood. 2019 Aug 22;134(8):668-677

再発あるいは難治性多発性骨髄腫に対するダラツムマブの皮下注射

原題
Subcutaneous delivery of daratumumab in relapsed or refractory multiple myeloma.
著者
Usmani SZ, Nahi H, Mateos MV, van de Donk NWCJ, Chari A, Kaufman JL, Moreau P, Oriol A, Plesner T, Benboubker L, Hellemans P, Masterson T, Clemens PL, Luo M, Liu K, San-Miguel J
PMID
  31270103

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む