造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年12月30日 13:00

濾胞性リンパ腫のrituximab時代の死因に関する大規模データベースを用いた検討

【本論文に着目した理由】 濾胞性リンパ腫の予後はrituximabの追加で改善しているが,その時代における死因に関して大規模なデータベースを用いて検討がなされておりその結果に着目された
【著者および私の見解】 約1,600例程のデータベースにてフォローアップ期間の中央値が7年ほどで死亡例が約280例であった
主たる死因としてはリンパ腫に伴うものが依然として断然多い結果であり,リンパ腫自体のコントロールをさらに改善する治療戦略の開発が重要である ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 Jan 10;37(2):144-152

リツキシマブ登場から10年間の濾胞性リンパ腫の死因:フランスおよび米国コホートの統合解析

原題
Cause of Death in Follicular Lymphoma in the First Decade of the Rituximab Era: A Pooled Analysis of French and US Cohorts.
著者
Sarkozy C, Maurer MJ, Link BK, Ghesquieres H, Nicolas E, Thompson CA, Traverse-Glehen A, Feldman AL, Allmer C, Slager SL, Ansell SM, Habermann TM, Bachy E, Cerhan JR, Salles G
PMID
  30481079

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む