造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年12月23日 13:00

再発・難治性のPMBLに対するnivolumabとbrentuximab vedotinの併用療法に関する報告

【本論文に着目した理由】 再発・難治性のPMBL(原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫)は非常に予後不良である
通常の化学療法ではほとんど奏効しない状況であったが,今回nivolumabとbrentuximab vedotin(BV)の併用という新規治療の報告がなされ結果に着目された
【著者および私の見解】 再発・難治性のPMBLの30例において奏効率は73%と非常に高い値を示した
奏効例においてはその後に自家移植や同種移植を施行されている例が多く長期的な生存の評価 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 Nov 20;37(33):3081-3089

再発/難治性の原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するニボルマブとブレンツキシマブ ベドチンの併用:第II相CheckMate 436試験からの有効性および安全性

原題
Nivolumab Combined With Brentuximab Vedotin for Relapsed/Refractory Primary Mediastinal Large B-Cell Lymphoma: Efficacy and Safety From the Phase II CheckMate 436 Study.
著者
Zinzani PL, Santoro A, Gritti G, Brice P, Barr PM, Kuruvilla J, Cunningham D, Kline J, Johnson NA, Mehta-Shah N, Manley T, Francis S, Sharma M, Moskowitz AJ
PMID
  31398081

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む