造血器・リンパ腫瘍 診断
2019年12月23日 13:00

Lunenburg Lymphoma Biomarker ConsortiumによるDLBCLにおけるMYC rearrangementのpartner遺伝子の意義の再検討

【本論文に着目した理由】 DLBCLにおけるMYCの転座に関しては増えてきているが,そこまで頻度が高くないことからMYCの転座のpartner遺伝子の種類などでの解析などはなかなか難しいのが現状である
今回は多数例を含む解析が行われておりその結果に着目された
【著者および私の見解】 5,117例の中で2,383例でMYCの転座の評価可能な検体があり,その中でMYCの転座は264例(11%)に認められた
予後に影響を与えたのはMYCの転座のpartner遺伝子がimmunoglo ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 診断

J Clin Oncol. 2019 Dec 10;37(35):3359-3368

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるMYCの再構成および転座パートナー遺伝子の予後予測能:Lunenburg Lymphoma Biomarker Consortiumによる研究

原題
Prognostic Significance of MYC Rearrangement and Translocation Partner in Diffuse Large B-Cell Lymphoma: A Study by the Lunenburg Lymphoma Biomarker Consortium.
著者
Rosenwald A, Bens S, Advani R, Barrans S, Copie-Bergman C, Elsensohn MH, Natkunam Y, Calaminici M, Sander B, Baia M, Smith A, Painter D, Pham L, Zhao S, Ziepert M, Jordanova ES, Molina TJ, Kersten MJ, Kimby E, Klapper W, Raemaekers J, Schmitz N, Jardin F, Stevens WBC, Hoster E, Hagenbeek A, Gribben JG, Siebert R, Gascoyne RD, Scott DW, Gaulard P, Salles G, Burton C, de Jong D, Sehn LH, Maucort-Boulch D
PMID
  31498031

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む