造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年11月11日 13:00

進行期ホジキンリンパ腫に対する初回にnivolumabを組み込んだレジメンに関する研究

【本論文に着目した理由】 ホジキンリンパ腫(HL)においては新規治療薬が使用可能となっているが,再発・再燃例に用いられた場合にも有効性が高いことから初発例での使用に関する検討が行われている
今回は抗PD-1抗体のnivolumabを組み込んだレジメンの検討がなされており,その結果に着目された
【著者および私の見解】 HLの初回治療にnivolumabを組み込んだレジメンの安全性・有効性を検討した研究であるが,基本的には毒性に関しては大きな問題はなく, ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 Aug 10;37(23):1997-2007

初発進行期古典的ホジキンリンパ腫におけるニボルマブ:第II相CheckMate 205試験における安全性および有効性

原題
Nivolumab for Newly Diagnosed Advanced-Stage Classic Hodgkin Lymphoma: Safety and Efficacy in the Phase II CheckMate 205 Study.
著者
Ramchandren R, Domingo-Domènech E, Rueda A, Trněný M, Feldman TA, Lee HJ, Provencio M, Sillaber C, Cohen JB, Savage KJ, Willenbacher W, Ligon AH, Ouyang J, Redd R, Rodig SJ, Shipp MA, Sacchi M, Sumbul A, Armand P, Ansell SM
PMID
  31112476

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む