造血器・リンパ腫瘍 放射線療法 薬物療法
2019年11月11日 13:00

Stage IAおよびIIAの初発ホジキンリンパ腫におけるPETでの治療効果判定

【本論文に着目した理由】 ホジキンリンパ腫においては治療途中のPET検査の結果が予後の層別化ならびに治療変更の参考になるとする報告がある
今回はstage IAおよびIIAとearly stageのホジキンリンパ腫における放射線照射の有無をランダム化する臨床研究において行われたPET検査に着目した解析の結果が報告されており関心が持たれた
【著者および私の見解】 本研究では3コース目の化学療法の後に行われたPETの検査に着目されているが,score毎に検討するとs ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 放射線療法 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 Jul 10;37(20):1732-1741

英国RAPID試験における早期ホジキンリンパ腫の予後予測では治療前のリスク層別化よりもPETスコアが有用である

原題
Positron Emission Tomography Score Has Greater Prognostic Significance Than Pretreatment Risk Stratification in Early-Stage Hodgkin Lymphoma in the UK RAPID Study.
著者
Barrington SF, Phillips EH, Counsell N, Hancock B, Pettengell R, Johnson P, Townsend W, Culligan D, Popova B, Clifton-Hadley L, McMillan A, Hoskin P, O'Doherty MJ, Illidge T, Radford J
PMID
  31112475

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む