2019年11月11日 13:00

DLBCLの初回治療での化学療法にpolatuzumabを追加したレジメンのPhase 1b-2試験結果

【本論文に着目した理由】 DLBCLの治療薬としてpolatuzumabは期待されているが,今回化学療法との併用での効果を評価する試験結果が報告され着目された
【著者および私の見解】 Phase 1b部分で大きな問題となる毒性は観察されず,phase 2まで順調に試験が完遂された
R-CHPもしくはG-CHPとの併用であったが,89%で奏効が得られ,その中でもCRが77%と高い効果を示した
POLARIX study(NCT03274492)としてphase 3にてR-CHOP vs R-CHP+polatuzumabの比 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

Lancet Oncol. 2019 Jul;20(7):998-1010

治療歴の無いびまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者における免疫化学療法とpolatuzumab vedotinの併用:オープンラベル非ランダム化第Ib-II相試験

原題
Polatuzumab vedotin in combination with immunochemotherapy in patients with previously untreated diffuse large B-cell lymphoma: an open-label, non-randomised, phase 1b-2 study.
著者
Tilly H, Morschhauser F, Bartlett NL, Mehta A, Salles G, Haioun C, Munoz J, Chen AI, Kolibaba K, Lu D, Yan M, Penuel E, Hirata J, Lee C, Sharman JP
PMID
  31101489

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む