造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法
2019年10月28日 13:00

造血幹細胞移植後の末期腎不全に対する腎移植の成績

【本論文に着目した理由】 造血幹細胞移植後には様々な原因で末期腎不全に陥ることがある
腎移植など臓器移植が選択肢となるが,実際にどの程度の成績が得られるのか専門外であるとわかりにくいが今回既報のreviewも含めて論文として報告されており参考になると考えられた
【著者および私の見解】 2006年~2014年の間に6例が造血幹細胞移植後に腎移植を施行されていた
感染症などの頻度は高かったようであるが,6例全例が最終観察日に生存しており,成 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法

Clin Exp Nephrol. 2019 Apr;23(4):561-568

造血幹細胞移植後の末期腎不全治療としての腎移植:症例集積と文献レビュー

原題
Kidney transplantation for treatment of end-stage kidney disease after haematopoietic stem cell transplantation: case series and literature review.
著者
Tsuchimoto A, Masutani K, Omoto K, Okumi M, Okabe Y, Nishiki T, Ota M, Nakano T, Tsuruya K, Kitazono T, Nakamura M, Ishida H, Tanabe K, Japan Academic Consortium of Kidney Transplantation (JACK) Investigators.
PMID
  30584654

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む