造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年10月28日 13:00

ホジキンリンパ腫における抗PD1抗体療法の長期的な効果と移植の影響に関する検討

【本論文に着目した理由】 ホジキンリンパ腫においては抗PD1抗体の効果が非常に高いとされるが,これまでの報告ではまだまだそのフォローアップが短いものが多い
今回はLYSAのグループからの中央値3年程度のフォローアップの解析結果が報告され着目された
【著者および私の見解】 再発・再燃ホジキンリンパ腫において抗PD1抗体は非常に有効な治療選択肢の一つであるが,今回長期的にフォローアップを行うと全体ではPFSの中央値は1年程であった
また,C ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Eur J Cancer. 2019 Jul;115:47-56

ホジキンリンパ腫における同種幹細胞移植実施の有無による抗PD1抗体療法の長期有効性

原題
Long-term efficacy of anti-PD1 therapy in Hodgkin lymphoma with and without allogenic stem cell transplantation.
著者
Manson G, Mear JB, Herbaux C, Schiano JM, Casasnovas O, Stamatoullas A, Deau B, Schmitt A, Garnier G, Regny C, Bouabdallah K, Moles-Moreau MP, Ghesquieres H, Tempescul A, Dulery R, Nicolas-Virelizier E, Delmer A, Borel C, Chauchet A, Damotte D, Dercle L, Brice P, Houot R, LYSA.
PMID
  31082693

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む