造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法
2019年10月28日 13:00

CMV感染症に対して最初からCMV特異的T細胞を投与することの効果に関する検討

【本論文に着目した理由】 サイトメガロウイルス(CMV)感染症は移植後の合併症として重要であるが,抗ウイルス薬による治療がまずは第一選択である
ただ,抗ウイルス薬の多くは副作用が認められ長期的な投与は避けたいところである
その一方でCMVに対する細胞療法が有効であることは既に数多く報告されており,今回は中国から初回治療からCMV特異的T細胞を投与したらどうかが検討されておりその結果に着目された
【著者および私の見解】 中国では移植 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法

Clin Infect Dis. 2019 May 8. [Epub ahead of print]

ドナー由来HCMV特異的T細胞による一次治療は同種幹細胞移植後の抗ウイルス免疫の促進によりHCMVの持続感染を減少させる

原題
First-line therapy with donor-derived HCMV-specific T cells reduces persistent HCMV infection by promoting antiviral immunity after allogenic stem cell transplantation.
著者
Zhao XY, Pei XY, Chang YJ, Yu XX, Xu LP, Wang Y, Zhang XH, Liu KY, Huang XJ
PMID
  31067570

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む