造血器・リンパ腫瘍 放射線療法 薬物療法
2019年10月21日 13:00

BPDCNに対するCD123を標的とした薬物抗体複合体の有効性

【本論文に着目した理由】 Blastic plasmacytoid dendritic cell neoplasm(BPDCN)は非常に稀な疾患であるが,標準的な治療が確立されていないのみならず,その予後は非常に不良である
今回BPDCNに対する新規治療法に関する報告がNEJMにされており大変着目された
【著者および私の見解】 PDCNは基本的には予後不良な疾患であるが,今回CD123を標的とした薬物抗体複合体は初回治療としては全奏効率が90%と驚くべき効果を示した
半数ほどがその後移植 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 放射線療法 薬物療法

N Engl J Med. 2019 Apr 25;380(17):1628-1637

芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍(BPDCN)に対するタグラクソフスプ

原題
Tagraxofusp in Blastic Plasmacytoid Dendritic-Cell Neoplasm.
著者
Pemmaraju N, Lane AA, Sweet KL, Stein AS, Vasu S, Blum W, Rizzieri DA, Wang ES, Duvic M, Sloan JM, Spence S, Shemesh S, Brooks CL, Balser J, Bergstein I, Lancet JE, Kantarjian HM, Konopleva M
PMID
  31018069

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む