造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法
2019年10月21日 13:00

再発・難治性の多発性骨髄腫におけるBCMAを標的としたCAR-T細胞療法

【本論文に着目した理由】 本邦ではCD19を標的としたCAR-T細胞療法が話題となっているが,世界的には様々な標的に対するCAR-T細胞療法の開発が既に進んでいる
今回は再発・難治性の多発性骨髄腫(MM)に対するBCMAを標的としたCAR-T細胞療法を用いた試験の結果が報告され着目された
【著者および私の見解】 既治療レジメン数が7と非常に濃厚な治療歴のある症例群で全体としては奏効率が85%と非常に高い結果であった
Progression-free survival(PFS) ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法

N Engl J Med. 2019 May 2;380(18):1726-1737

再発または難治性の多発性骨髄腫に対する抗BCMA CAR T細胞療法bb2121

原題
Anti-BCMA CAR T-Cell Therapy bb2121 in Relapsed or Refractory Multiple Myeloma.
著者
Raje N, Berdeja J, Lin Y, Siegel D, Jagannath S, Madduri D, Liedtke M, Rosenblatt J, Maus MV, Turka A, Lam LP, Morgan RA, Friedman K, Massaro M, Wang J, Russotti G, Yang Z, Campbell T, Hege K, Petrocca F, Quigley MT, Munshi N, Kochenderfer JN
PMID
  31042825

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む