造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年10月07日 13:00

ホジキンリンパ腫に対する自家移植後の地固め療法としての抗PD1抗体

【本論文に着目した理由】 再発・治療抵抗性ホジキンリンパ腫(HL)の救援療法後に自家移植を行うことは標準的であるが,その後の再発は依然として大きな問題である
今回は自家移植後に抗PD1抗体を投与することで再発を防ぐような試験が行われその結果に関心が持たれた
【著者および私の見解】 本試験は単群の試験であるが,自家移植後抗PD1抗体を投与した例の18か月での評価であり短期的なタイミングであるがprogression-free survival(PFS)は評価可能症 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood. 2019 Jul 4;134(1):22-29

自家造血幹細胞移植後の古典的ホジキンリンパ腫に対するペムブロリズマブによる地固め療法

原題
PD-1 blockade with pembrolizumab for classical Hodgkin lymphoma after autologous stem cell transplantation.
著者
Armand P, Chen YB, Redd RA, Joyce RM, Bsat J, Jeter E, Merryman RW, Coleman KC, Dahi PB, Nieto Y, LaCasce AS, Fisher DC, Ng SY, Odejide OO, Freedman AS, Kim AI, Crombie JL, Jacobson CA, Jacobsen ED, Wong JL, Patel SS, Ritz J, Rodig SJ, Shipp MA, Herrera AF
PMID
  30952672

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む