造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年10月07日 13:00

移植非適応の初発多発性骨髄腫におけるMel-PSLとの併用でのCarfilzomib vs bortezomibのランダム化比較試験結果

【本論文に着目した理由】 多発性骨髄腫(MM)においては再発・難治例に対する新薬が数多く出てきているが,その新薬を初発例に導入する試験が多く進んでいる
今回は移植非適応の初発MMに対してMel-PSLとの併用でのCarfilzomibとBortezomibの比較試験の結果が報告されており着目された
【著者および私の見解】 955例もの症例が登録されたが,残念ながらprogression-free survivalおよびoverall survivalについては全く差がなかった
奏効率自体はCarfio ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood. 2019 May 2;133(18):1953-1963

移植非適応の初発多発性骨髄腫におけるメルファラン・プレドニゾン併用カルフィルゾミブおよびボルテゾミブの比較

原題
Carfilzomib or bortezomib with melphalan-prednisone for transplant-ineligible patients with newly diagnosed multiple myeloma.
著者
Facon T, Lee JH, Moreau P, Niesvizky R, Dimopoulos M, Hajek R, Pour L, Jurczyszyn A, Qiu L, Klippel Z, Zahlten-Kumeli A, Osman M, Paiva B, San-Miguel J
PMID
  30819926

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む