造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法
2019年9月09日 13:00

多発性骨髄腫における移植前処置に関するランダム化比較試験

【本論文に着目した理由】 移植適応年齢の多発性骨髄腫(MM)においては化学療法後に自家移植を行うことが標準的となっているが,その際に用いられる前処置は大量メルファランが古くから用いられているまま進歩がない状態であった
今回大量メルファラン(Mel)とメルファランとブスルファンの併用療法(BuMel)の比較がランダム化比較試験で行われ,その結果に着目された
【著者および私の見解】 205例もの症例が登録されたが,無病生存期間の中央値でBuMel ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法

Lancet Haematol. 2019 May;6(5):e266-e275

多発性骨髄腫に対する自家造血細胞移植前のブスルファンとメルファランの併用療法とメルファラン単独療法の比較:非盲検ランダム化第III相試験

原題
Conditioning with busulfan plus melphalan versus melphalan alone before autologous haemopoietic cell transplantation for multiple myeloma: an open-label, randomised, phase 3 trial.
著者
Bashir Q, Thall PF, Milton DR, Fox PS, Kawedia JD, Kebriaei P, Shah N, Patel K, Andersson BS, Nieto YL, Valdez BC, Parmar S, Rondon G, Delgado R, Hosing C, Popat UR, Oran B, Ciurea SO, Lin P, Weber DM, Thomas SK, Lee HC, Manasanch EE, Orlowski RZ, Williams LA, Champlin RE, Qazilbash MH
PMID
  30910541

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む