造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年9月09日 13:00

同種造血幹細胞移植における新たなGVHD予防法の比較検討

【本論文に着目した理由】 GVHDの予防はtacrolimus+methotrexateというのが今でも主流であるが,それを改善する可能性のあるGVHD予防法がいくつか報告されてきており,今回はそれらのGVHD予防法を比較するPhase IIによる検討が大規模に行われ着目された
【著者および私の見解】 アメリカの31施設が参加し,273例がランダム化された
GRFSにおいては移植後エンドキサンを用いた群がコントロール群よりも優位に良い成績であった以外は主要な評価項目で大きな ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Lancet Haematol. 2019 Mar;6(3):e132-e143

強度減弱前処置時の造血細胞移植における移植片対移植病予防のための3レジメン(タクロリムス・ミコフェノール酸モフェチル・シクロホスファミド;タクロリムス・メトトレキサート・ボルテゾミブ;タクロリムス・メトトレキサート・マラビロク)とタクロリムスおよびメトトレキサート:非ランダム化同時期対照群を用いたランダム化第II相試験(BMT CTN 1203)

原題
Three prophylaxis regimens (tacrolimus, mycophenolate mofetil, and cyclophosphamide; tacrolimus, methotrexate, and bortezomib; or tacrolimus, methotrexate, and maraviroc) versus tacrolimus and methotrexate for prevention of graft-versus-host disease with haemopoietic cell transplantation with reduced-intensity conditioning: a randomised phase 2 trial with a non-randomised contemporaneous control group (BMT CTN 1203).
著者
Bolaños-Meade J, Reshef R, Fraser R, Fei M, Abhyankar S, Al-Kadhimi Z, Alousi AM, Antin JH, Arai S, Bickett K, Chen YB, Damon LE, Efebera YA, Geller NL, Giralt SA, Hari P, Holtan SG, Horowitz MM, Jacobsohn DA, Jones RJ, Liesveld JL, Logan BR, MacMillan ML, Mielcarek M, Noel P, Pidala J, Porter DL, Pusic I, Sobecks R, Solomon SR, Weisdorf DJ, Wu J, Pasquini MC, Koreth J
PMID
  30824040

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む