造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法
2019年9月02日 13:00

単球増多を認めた際の診断にclinical sequenceとflow cytometry解析を用いることの意義

【本論文に着目した理由】 単球増多を認めた際に慢性骨髄単球性白血病(CMML)のような予後不良の疾患であることもあれば,反応性に単球が単に増えているだけのこともある
ただ,これを形態学的に判断することが困難な場合がある
そのような際に遺伝子解析とフローサイトメトリーを用いたらどの程度意味があったかが検討されており重要な論文と考えられた
【著者および私の見解】 283例という多数例での検討が行われ,CMMLを含め元々血液疾患の診断に ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 その他の治療法

Blood. 2019 Mar 21;133(12):1325-1334

臨床的に有意な単球増多を同定するためのターゲットシーケンス解析およびフローサイトメトリー

原題
The use of targeted sequencing and flow cytometry to identify patients with a clinically significant monocytosis.
著者
Cargo C, Cullen M, Taylor J, Short M, Glover P, Van Hoppe S, Smith A, Evans P, Crouch S
PMID
  30606702

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む