造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年8月26日 13:00

CNS lymphomaに対するMTXを含む化学療法にibrutinibを組み合わせたPhase 1b試験結果

【本論文に着目した理由】 Ibrutinibは中枢神経系の悪性リンパ腫において高い奏効率が報告されており,他剤との併用療法の開発が進みつつあるところであるが,今回はMTXを含む化学療法にibrutinibを組み合わせた試験の結果が報告されており着目された
【著者および私の見解】 今回ibrutinibをMTXを含む化学療法に組み込んだ研究が行われ,80%にもなる高い奏効率と観察期間中にはその効果が持続しており,期待できる結果であった
中枢神経系のリンパ腫では ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood. 2019 Jan 31;133(5):436-445

再発/難治性CNS悪性リンパ腫におけるイブルチニブベースの併用療法の第Ib相試験

原題
Phase 1b trial of an ibrutinib-based combination therapy in recurrent/refractory CNS lymphoma.
著者
Grommes C, Tang SS, Wolfe J, Kaley TJ, Daras M, Pentsova EI, Piotrowski AF, Stone J, Lin A, Nolan CP, Manne M, Codega P, Campos C, Viale A, Thomas AA, Berger MF, Hatzoglou V, Reiner AS, Panageas KS, DeAngelis LM, Mellinghoff IK
PMID
  30567753

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む