造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年8月26日 13:00

HLA適合血縁ドナーからの造血幹細胞採取にplerixaforを用いた臨床試験

【本論文に着目した理由】 全世界的にドナーからの末梢血幹細胞採取にはG-CSF製剤が用いられるが,今回plerixaforを用いて幹細胞が採取されたとのことでこの論文に着目された
【著者および私の見解】 64例ものドナーからplerixaforを用いた末梢血幹細胞採取が行われ,毒性も大きな問題はなくドナーの安全性も確保されていた
また,その幹細胞を用いた移植自体の成績も明らかに不良であるようなことはなかった
【私の結論】 血縁ドナーからの ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood Adv. 2019 Mar 26;3(6):875-883

HLA適合同胞ドナーの造血幹細胞の動員と移植に対するプレリキサホル単剤投与

原題
Plerixafor alone for the mobilization and transplantation of HLA-matched sibling donor hematopoietic stem cells.
著者
Chen YB, Le-Rademacher J, Brazauskas R, Kiefer DM, Hamadani M, DiPersio JF, Litzow MR, Craig M, Horwitz ME, Artz AS, McClune BL, Fernandez HF, Duong HK, Kobusingye H, Proue M, Drexler RJ, Horowitz MM, Shaw BE, Miller JP, Hosoba S, Waller EK, Devine SM
PMID
30890544

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む