造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年8月19日 13:00

がん治療におけるランダム化比較試験と観察研究の結果の比較

【本論文に着目した理由】 がん治療において臨床研究は一つの治療法が標準的に選択される治療となるかどうかに影響する重要なものであるが,一般的には大規模なランダム化比較試験が最も重要と考えられている
しかし,大規模なランダム化比較試験の結果と観察研究の結果がどの程度一致しているのかを検討した研究はあまりなく,その結果に興味が持たれた
【著者および私の見解】 本研究では121のランダム化比較試験にマッチする350の研究が抽出され,その結 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 May 10;37(14):1209-1216

がんにおける集団ベースの観察研究とランダム化試験との比較

原題
Comparison of Population-Based Observational Studies With Randomized Trials in Oncology.
著者
Soni PD, Hartman HE, Dess RT, Abugharib A, Allen SG, Feng FY, Zietman AL, Jagsi R, Schipper MJ, Spratt DE
PMID
  30897037

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む