造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年8月19日 13:00

再発・化学療法抵抗性のindolent lymphomaに対するLenalidomide+Rituximab vs RituximabのPhase 3試験

【本論文に着目した理由】 再発・化学療法抵抗性のindolent lymphomaに対しては最近は治療選択肢が増えてきているが,今回はRituximabにLenalidomide併用の有無をランダム化比較した試験結果が報告されており着目された
【著者および私の見解】 再発・化学療法抵抗性のindolent lymphomaに対してLenalidomideの追加によりRituximabと比してProgression-free survivalでHR 0.46と非常に大きな差を認めている
毒性についてもlenalidomideに予想される毒性が中 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

J Clin Oncol. 2019 May 10;37(14):1188-1199

AUGMENT試験:再発または難治性indolent lymphomaに対するレナリドミド+リツキシマブ対プラセボ+リツキシマブの第III相試験

原題
AUGMENT: A Phase III Study of Lenalidomide Plus Rituximab Versus Placebo Plus Rituximab in Relapsed or Refractory Indolent Lymphoma.
著者
Leonard JP, Trneny M, Izutsu K, Fowler NH, Hong X, Zhu J, Zhang H, Offner F, Scheliga A, Nowakowski GS, Pinto A, Re F, Fogliatto LM, Scheinberg P, Flinn IW, Moreira C, Cabeçadas J, Liu D, Kalambakas S, Fustier P, Wu C, Gribben JG, AUGMENT Trial Investigators.
PMID
  30897038

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む