造血器・リンパ腫瘍 薬物療法
2019年7月29日 13:00

ステロイド抵抗性慢性GVHDに対するECPとIL2併用療法の効果と免疫学的解析

【本論文に着目した理由】 ステロイド抵抗性慢性GVHDの治療は依然として困難なことが多く,本邦では適応がないがECPとIL2の両剤を用いての治療法の効果が免疫学的な解析と共に報告されており関心が持たれた
【著者および私の見解】 ステロイド抵抗性慢性GVHDにおいて本治療法は62%の奏効が得られており,期待される結果であった
免疫学的な解析ではECP施行中にはCD4陽性TconならびにCD8陽性T細胞が有意に減少する中でTregには大きな変化はなかったが,IL2 ...

【医師会員限定】
解説の続きを読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

解説対象の論文

造血器・リンパ腫瘍 薬物療法

Blood Adv. 2019 Apr 9;3(7):969-979

慢性移植片対宿主病における体外フォトフェレーシスとインターロイキン2併用の有効性と免疫学的効果

原題
Efficacy and immunologic effects of extracorporeal photopheresis plus interleukin-2 in chronic graft-versus-host disease.
著者
Belizaire R, Kim HT, Poryanda SJ, Mirkovic NV, Hipolito E, Savage WJ, Reynolds CG, Fields MJ, Whangbo J, Kubo T, Nikiforow S, Alyea EP, Armand P, Cutler CS, Ho VT, Blazar BR, Antin JH, Ritz J, Soiffer RJ, Koreth J
PMID
30936057

サマリー

【会員限定】
論文和訳を読むには

m3ログイン m3会員登録

CIWorksはm3.comの会員で
ログインできます。

m3.comは医療従事者のみ
利用可能な医療専門サイトです。
会員登録は無料です。

PubMed等で読む